NIWAYAMA GALLERY

Introduction

庭山ギャラリーの開設にあたって

仕事の傍らに、自然に親しみ、旅行先の風情を追いかけながら写真撮影を始めて20年を越えました。近年は、美術作品や舞台・人物の撮影まで興味が拡がりました。私的な日記帳写真のようなものでしかなく、私の行動を丸裸にされるような気恥ずかしさがあります。それでも確かに存在した世界の記録であり、同じ空気を生きた方々と写真を共有して感動を分かち合いたいと思いブログを作成しました。これからも新たな写真を随時紹介するためにブログも更新続けます。たまにこのブログにアクセスください。あなたにとって素敵な思い出になるかもしれません。
庭山 正一郎 プロフィール

今月の一枚

プチ トリアノン

2024年6月1日

5月11日京成バラ園で撮影。2006年フランス メイアン作出の「プチ トリアノン」。マリーアントワネットがこよなく愛した宮殿のイメージにピッタリである。今年は、昨年から1週間程度は早く開花していて、そのせいでもあるが、予期していなかった薔薇に出会うことが出来た。白を基調にしたほのかなピンク色は清楚なイメージを包み込んでいて、大満足である。フジT-X5のプレビアを選択したが、色味も満足である。

過去の一覧をみる

Topics

  • 2024.05.12

    2024年5月11日

    オーストラリアのゴールドコーストで休暇を滞在した際のスナップを海外旅行欄に掲載しました。また春バラの写真を12枚薔薇欄に掲載しました。今年の薔薇の開花は例年よりは少し早かったようです。

  • 2024.04.24

    風景写真国内編に24年の写真13枚をアップしました。渡り鳥、長野県小川村桜散策などです。

  • 2024.04.02

    24年3月に2回江之浦測候所に行きました。写真の被写体になるものがおおく写欲を刺激します。2回目にはオオヤマサクラが満開で見事でした。交通の便が悪いところにもかかわらず、外人観光客も多く、杉本博司さんの独自の世界に魅かれる多様な層を実感してきました。ともかく類例のない場所であり、一見の価値があることに疑いがありません。

一覧をみる
PAGE TOP